• 本

酒は人の上に人を造らず

中公新書 2472

出版社名 中央公論新社
出版年月 2018年1月
ISBNコード 978-4-12-102472-5
4-12-102472-9
税込価格 821円
頁数・縦 185P 18cm

商品内容

要旨

『土佐日記』の作者・紀貫之は、国司の任を終えた送別の宴で連日、熱烈に歓待された。酒好きが多く、酔うほどに胸襟を開く土地柄なれば、開放的な酒宴は今なお健在、と高知出身の著者は言う。福沢諭吉の名言ならぬ「酒は人の上に人を造らず」を地でいく著者は、東京の下町をはじめ、北海道、福島、京都、愛媛、熊本など各地を訪ね、出会った人たちと縁を結ぶ。酒場の風情と人間模様を描く、読みごたえたっぷりの紀行エッセイ。

目次

千鳥足はラテンのリズムで―長めのまえがき
1 さくらさくらで一杯
2 ビバ!麦酒!!
3 浮かれ酒は御神酒で
4 横丁を渡る月
酒縁はめぐる―あとがきにかえて

おすすめコメント

各地を巡る旅の日々を送り、ときにほろ酔い、ときに酩酊しつつ、出会った人々と酒縁を結ぶ。月刊『中央公論』連載エッセイを書籍化。

著者紹介

吉田 類 (ヨシダ ルイ)  
高知県出身。イラストレーター、エッセイスト、俳人。酒場や旅をテーマに執筆活動を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)