• 本

食の実験場アメリカ ファーストフード帝国のゆくえ

中公新書 2540

出版社名 中央公論新社
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-12-102540-1
4-12-102540-7
税込価格 968円
頁数・縦 257P 18cm

商品内容

要旨

先住インディアン、黒人奴隷、各国の移民らの食文化が融合したアメリカの食。そこからバーベキュー、フライドチキン、ハンバーガーなど独自の食文化が形成されたが、画一化されたファーストフードや肥満という問題をも引き起こした。そしていまアメリカではスシロールをはじめとする、ヘルシーとエスニックを掛け合わせた潮流が生まれ、食を基点に農業や地域社会の姿が変わろうとしている。食から読む移民大国の歴史と現在。

目次

序章 三つの記憶と一つの未来―アメリカ食文化史の見取り図
第1章 生き続ける非西洋の伝統―食に刻まれたアメリカの原風景
第2章 ファーストフードへの道―産業社会への移行と食の変革の功罪
第3章 ヒッピーたちの食文化革命―蘇生する健康志向とクレオール的創造力
第4章 ファーストフード帝国への挑戦―変わり始めた食の生産・流通・消費
終章 記憶から未来へ―新たなる冒険の始まり

おすすめコメント

北米に入植した人々に、食物の栽培方法を教えたのは、先住インディアンだった。黒人奴隷らのアフリカ由来の調理法から、現在もパーティーメニューの定番であるバーべーキューは生まれた。移民の国アメリカでは、さまざまな文化圏の人々が交流し、豊かな食文化が生み出されたのである。入植期から、産業社会の発展とファーストフード社会の到来、肥満へ警鐘を鳴らす現代まで、四〇〇年にわたるアメリカと食の歴史。

著者紹介

鈴木 透 (スズキ トオル)  
1964(昭和39)年東京都生まれ。87年慶應義塾大学文学部卒業、92年同大学院文学研究科博士課程修了。現在、慶應義塾大学法学部教授。専攻は、アメリカ文化研究、現代アメリカ論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)