• 本

ラファエロ ルネサンスの天才芸術家 カラー版

中公新書 2614

出版社名 中央公論新社
出版年月 2020年10月
ISBNコード 978-4-12-102614-9
4-12-102614-4
税込価格 1,100円
頁数・縦 211P 18cm

商品内容

要旨

ラファエロ(1483〜1520)は、イタリア・ルネサンスの巨人である。37年の短い生涯にもかかわらず、聖母子画やローマ教皇らを描いた肖像画などの傑作を残した。本書は、その歩みと作品をたどって、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロら芸術家たちとの交流や、古代ローマへ向けた関心などを読み解く。そして、後世に巨大な影響をもたらした彼の知られざる多面的な実像を明らかにする。

目次

序章 才能と野心
第1章 聖母子画―フィレンツェからローマへ、躍進と様式の変化
第2章 教甲居室の装飾―変化する制作スタイル
第3章 古代ローマへのまなざし
第4章 ラファエロをとりまく人々
第5章 墓と遺産
終章 後世の批判と再評価

出版社・メーカーコメント

レオナルド・ダ・ヴィンチやミケランジェロと並び称されるラファエロ(1483〜1520)。彼の短い生涯は、聖母子画やローマ教皇などを描いた肖像画により栄光に彩られ、後世への影響も巨大なものがある。本書は、その軌跡と、魅力に満ちた作品を読み解く試み。

著者紹介

深田 麻里亜 (フカダ マリア)  
1980年、東京都生まれ。東京藝術大学非常勤講師。東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。博士(美術)。専門は16世紀イタリア美術史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)