• 本

英国スパイ物語

中公選書 031

出版社名 中央公論新社
出版年月 2018年2月
ISBNコード 978-4-12-110031-3
4-12-110031-X
税込価格 2,592円
頁数・縦 332P 20cm

商品内容

要旨

英国情報組織の生成発展のドラマを描きながら、能力と魅力あふれるスパイ、二重スパイたちの活動を、二度の世界大戦とロシア革命期を中心に活写。相手国(ソ連、ナチス・ドイツ)のスパイや治安組織との暗闘にも筆が割かれており、加えて、暗号解読のスリリングな事情などに記述は及ぶ。本書はまさに、特異な二〇世紀裏面史といえるだろう。

目次

第1章 スパイ組織の誕生
第2章 第一次世界大戦中の活動
第3章 ロシア革命とスパイ群像
第4章 暗号解読者たち
第5章 第二次世界大戦とスパイ
第6章 二重スパイ群像
第7章 ミンスミート作戦
第8章 ノルマンディー上陸からパリ解放へ

おすすめコメント

 ボーア戦争からはじまるイギリスの20世紀は、二つの世界大戦とロシア革命への対応を柱に、一大情報戦争の時代でもあった。それを現場で担った情報機関と、闇にかくされたスパイの群像を多くの史料をもとに、本書は詳しく追っていく。 敵の組織に潜入して情報を得るために彼らが行った手法の数々、相手を欺くため周到な準備のうえに行われた大がかりな秘密作戦の全貌。それらは敵の行動原理と指導者の心理を読み切ったうえで展開される息づまるドラマであり、本書にて縦横に描かれる。 そして、一筋縄ではいかない二重スパイの群像、情報戦に欠かせない暗号解読者たち。飛び抜けた能力と行動力、エキセントリックともいえる奇妙な人間性を宿した彼らの実像は、戦争と革命の時代を背景に、本書で次々と明らかにされていく。 相手国(ソ連、ナチスドイツ)のスパイや治安組織との暗闘にも筆が割かれており、本書はまさに、特異な20世紀裏面史といえるだろう。

著者紹介

川成 洋 (カワナリ ヨウ)  
1942年、北海道生まれ。北海道大学文学部卒業、東京都立大学大学院修了、社会学博士(一橋大学)。ロンドン大学、ケンブリッジ大学、マドリード大学客員研究員などを歴任。1977年より法政大学教授。法政大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)