• 本

AI倫理 人工知能は「責任」をとれるのか

中公新書ラクレ 667

出版社名 中央公論新社
出版年月 2019年9月
ISBNコード 978-4-12-150667-2
4-12-150667-7
税込価格 946円
頁数・縦 253P 18cm

商品内容

要旨

2045年、シンギュラリティ(技術的特異点)が訪れ、AIが人間よりも正確で賢明な判断を下せるようになる、という仮説がある。では、「超知性体」となったAIがあやまちを犯し、自動運転車が暴走したり、監視カメラ等が集めたデータによって差別的な評価選別が行われたりしたとき、誰が責任をとるのか。そもそも、AIが人間を凌駕するという予測は正しいのか。来るべきAI社会を倫理的側面から徹底的に論じた初めての書。

目次

第1部 “理論編”情報倫理からAI倫理へ(AI倫理とは何か
AIロボットは人格をもつか
情報圏とAI
AI倫理のラフスケッチ)
第2部 “応用編”AI倫理の練習問題(自動運転
監視選別社会
AIによる創作)

おすすめコメント

自動運転の車が事故を起こしたとき、誰が責任をとるのか。AIによる創作物は果たしてフェアな作品と言えるのか。AIを活用していく上で、避けることのできない倫理的な問題を、この分野の第一人者が正面から論じる。近未来にシンギュラリティが訪れ、AIが「人格」を持ったり「超知性」となることを信じている人にこそ読んでもらいたい一冊。

著者紹介

西垣 通 (ニシガキ トオル)  
1948年東京都生まれ。東京大学名誉教授。工学博士。東京大学工学部計数工学科卒業。日立製作所にてコンピュータ・ソフトの研究開発に携わる。その後、東京大学大学院情報学環教授、東京経済大学コミュニケーション学部教授などを歴任。専攻は文理にまたがる情報学・メディア論。著書多数
河島 茂生 (カワシマ シゲオ)  
青山学院女子短期大学現代教養学科准教授。理化学研究所革新知能統合研究センター客員研究員、青山学院大学シンギュラリティ研究所副所長などを務める。2010年東京大学大学院学際情報学府博士後期課程修了。博士(学際情報学)。専門は社会情報学、情報倫理(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)