• 本

蟻地獄 下

中公文庫 と26−8

出版社名 中央公論新社
出版年月 2007年9月
ISBNコード 978-4-12-204909-3
4-12-204909-1
税込価格 843円
頁数・縦 376P 16cm
シリーズ名 蟻地獄

商品内容

要旨

我が子を殺され、甚八を獄門台に送るべく執拗に食い下がる岡っ引き・蝮の忠蔵。その頃、仁兵衛の罠から辛くも逃れた子分・雛次郎は、復讐の牙を研ぎつつ大和屋の一万両の奪還を図る。仁兵衛は甚八を牢抜けさせ、雛次郎を始末させようとするが、その時、甚八は衝撃の事実を知らされた…。獣と獣の喰らい合いの末に待つものは―。

著者紹介

富樫 倫太郎 (トガシ リンタロウ)  
1961年、北海道生まれ。98年に第四回歴史群像大賞を受賞した『修羅の跫』(学研歴史群像新書)でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)