• 本

寂聴の美しいお経

中公文庫 せ1−17

出版社名 中央公論新社
出版年月 2010年12月
ISBNコード 978-4-12-205414-1
4-12-205414-1
税込価格 524円
頁数・縦 166P 16cm

商品内容

要旨

疲れたとき、孤独で泣きたいとき、幸福に心弾むとき…。どんなときも心にしみいる、なつかしく、美しい言葉の数々。声に出して口ずさむだけで、心おだやかに。

目次

仏に帰依する誓い―「三帰依文」
仏前でまずあげるお経―『懴悔文』
子供が欲しい時―『観音経』
相手を思いやる想像力―宮沢賢治「雨ニモマケズ」
気分が落ち込んだ時には―『観音経』
幸福の海に浮かぶような気分に―『観音経』
仏を歌う平安の流行歌―『梁塵秘抄』
極楽の花の香りにつつまれる―『阿弥陀経』
一番美しい祈りの姿勢―『観音経』
仏教の極意とは―弘法大師空海〔ほか〕

著者紹介

瀬戸内 寂聴 (セトウチ ジャクチョウ)  
1922年、徳島県生まれ。東京女子大学国語専攻部卒業。63年『夏の終り』で女流文学賞、92年『花に問え』で谷崎潤一郎賞、96年には『白道』で芸術選奨文部大臣賞を受賞する。97年、文化功労者に選ばれる。98年『源氏物語』現代語訳全十巻完結、2001年『場所』で野間文芸賞を受ける。06年文化勲章受章。1973年、平泉中尊寺にて得度(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)