• 本

風景を見る犬

中公文庫 ひ21−12

出版社名 中央公論新社
出版年月 2016年9月
ISBNコード 978-4-12-206290-0
4-12-206290-X
税込価格 814円
頁数・縦 425P 16cm

商品内容

要旨

那覇市大道の栄町にある売春宿の息子・香太郎は、高校最後の夏休みに近所のゲストハウスでバイトをする。悠々自適なマスター、個性的な美女たちに囲まれ、それなりに充実した毎日を過ごしていた。そんな中、栄町界隈で殺人事件が発生。当初、金の絡む単純な構図に思えた事件は、十八年前のある秘密が引き起こした悲劇だった―。

おすすめコメント

高校生最後の夏休み。香太郎は次々と出会う美女たちに翻弄されながらも、悲しい事件の結末を風景として見つめつづける――。

著者紹介

樋口 有介 (ヒグチ ユウスケ)  
1950年(昭和25)群馬県前橋市生まれ。88年に『ぼくと、ぼくらの夏』で第六回サントリーミステリー大賞読者賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)