• 本

吾輩はライ麦畑の青い鳥 名作うしろ読み

中公文庫 さ73−2

出版社名 中央公論新社
出版年月 2019年2月
ISBNコード 978-4-12-206695-3
4-12-206695-6
税込価格 748円
頁数・縦 317P 16cm

商品内容

要旨

名作の“急所”はラストにあり。「へそをなでています」「南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏。難有い難有い。」―意外と知らない唐突、納得、爆笑!?な終わりの一文。『西遊記』『吾輩は猫である』から『ライ麦畑でつかまえて』まで、世界の名著一三七冊をうしろから味わう型破りなブックガイド。

目次

1 危険な恋愛―許されぬ恋、満たされぬ恋。なぜにあなたは破滅を選ぶ。
2 少年と少女の部屋―大人も真っ青。純真なだけではいられない未成年の物語。
3 おとぎ話の迷宮―知ってたつもりの名作童話も、大人の目で見直せば…。
4 歴史は劇場―娯楽目的の時代小説、史実に基づく歴史小説。どっちがお好き?
5 犯罪のあとさき―「犯人は誰?」の興味を超えた、ミステリーと超ミステリー。
6 現代の奇譚―空想と科学は紙一重。ロボット、宇宙、タイムマシン、人の脳!?
7 旅こそ人生―冒険の旅、探求の旅、遊興の旅。人は移動する生き物だ。
8 社会と人間―人の世は不条理だらけ。格差、貧困、戦争、差別。

出版社・メーカーコメント

名著の急所≠ヘラストにあり。意外と知らない唐突、納得、爆笑!? な終わりの一文。世界の文学137冊をうしろから味わう型破りなブックガイド第2弾。

著者紹介

斎藤 美奈子 (サイトウ ミナコ)  
1956年新潟県生まれ。児童書等の編集者を経て、94年に文芸評論『妊娠小説』でデビユー。以後、各紙誌で文芸評論や書評を執筆。2002年『文章読本さん江』で、第一回小林秀雄賞受賞。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)