• 本

ウィトゲンシュタイン家の人びと 闘う家族

中公文庫 ウ12−1

出版社名 中央公論新社
出版年月 2021年4月
ISBNコード 978-4-12-207053-0
4-12-207053-8
税込価格 1,650円
頁数・縦 571P 16cm

商品内容

要旨

ブラームスやクリムトが出入りする十九世紀末ウィーンの大邸宅で、強権的な父親のもと育った八人きょうだいは、みな人づきあいが不得手で音楽と自殺願望に取り憑かれていた。各々が長じて発揮する変人ぶりと才能の煌めき、相互の確執、ナチスとの攻防までを、四男の「片腕のピアニスト」と五男の天才哲学者を中心に描いた傑作評伝。

目次

第1部 汚れた行為(ウィーンでのデビュー
去年のいまごろ ほか)
第2部 錯乱(お金の問題
戦争への序曲 ほか)
第3部 新しい無秩序(余波
家族の確執 ほか)
第4部 縁故と崩壊(愛国者の苦難
最初の計画 ほか)

出版社・メーカーコメント

破格の富、恐るべき才能、凶事の予感――天才哲学者と片腕のピアニストを生んだウィーンの名家の百年を、二度の大戦を背景に描いた傑作ノンフィクション。

著者紹介

ウォー,アレグザンダー (ウォー,アレグザンダー)   Waugh,Alexander
1963年生まれ。曽祖父は文芸評論家のアーサー・ウォー、祖父は国民的作家のイーヴリン・ウォー、父はコラムニストで母も作家という一族で、自身の系譜について書いたFathers and Sonsが高い評価を呼んだ
塩原 通緒 (シオバラ ミチオ)  
1966年生まれ。立教大学文学部英米文学科卒業。訳書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)