• 本

西洋美術の歴史 6

17〜18世紀 バロックからロココへ、華麗なる展開

出版社名 中央公論新社
出版年月 2016年11月
ISBNコード 978-4-12-403596-4
4-12-403596-9
税込価格 4,104円
頁数・縦 774P 18cm
シリーズ名 西洋美術の歴史

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

カラヴァッジョの苛烈な写実主義はカトリックの宗教的熱情の昂揚と相まって劇的なバロック美術へ道を拓いた。フランスでは独自の古典主義の下で豪華絢爛なヴェルサイユ宮が造られ、続いて優美なロココ美術が展開する。オランダでは市民層が好んだ風景画や肖像画、静物画など新ジャンルが流行し、レンブラントやフェルメールらが活躍。一方、スペインでは宮廷画家ベラスケスが筆を揮い、一七世紀に絵画の黄金時代を迎えるのであった。

目次

序章(ジョゼフ・ライト・オブ・ダービーの“太陽系儀について講義する科学者”―科学を礼賛する絵画から時代を振り返って
バロックと古典主義 ほか)
第1章 イタリアとスペインのバロック美術(カトリック改革と美術
カラヴァッジョとカラッチの改革 ほか)
第2章 フランスのバロックと古典主義(アンリ四世の都市整備と美術政策
マリー・ド・メディシスの摂政時代 ほか)
第3章 一七世紀ネーデルラントの美術(オランダ共和国と南ネーデルラント(フランドル)への分裂
サーンレダムの教会内観画 ほか)
第4章 フランスのロココ美術(ル・ブランからロココ美術へ―世紀末の歴史画
ヴァトーの革新―「雅宴画」の周辺 ほか)
終章 イギリスとスペイン

おすすめコメント

17世紀から18世紀にかけて各国で展開したバロック、古典主義、ロココ美術。西洋美術史上、最も壮麗で豪華絢爛な時代が幕をあける。

著者紹介

大野 芳材 (オオノ ヨシキ)  
1954年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程中退。元青山学院女子短期大学教授。専門はフランス近世美術史
中村 俊春 (ナカムラ トシハル)  
1955年生まれ。京都大学大学院文学研究科博士後期課程研究指導認定退学。博士(文学)。現在、京都大学大学院文学研究科教授。専門は17世紀フランドルおよびオランダ美術史
宮下 規久朗 (ミヤシタ キクロウ)  
1963年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科修了。現在、神戸大学大学院人文学研究科教授。専門は美術史。著書に『カラヴァッジョ』(名古屋大学出版会、2004年、第27回サントリー学芸賞ほか)など多数
望月 典子 (モチズキ ノリコ)  
慶應義塾大学大学院文学研究科後期博士課程修了。博士(美学)。現在、慶應義塾大学文学部ほか非常勤講師。専門はフランス近世美術史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)