• 本

マンガ日本の古典 23 ワイド版

三河物語

  • 安彦良和/著
出版社名 中央公論新社
出版年月 2021年5月
ISBNコード 978-4-12-403621-3
4-12-403621-3
税込価格 1,650円
頁数・縦 275P 21cm
シリーズ名 マンガ日本の古典

商品内容

要旨

家康、秀忠、家光の三代にわたって仕えた大久保彦左衛門の自伝に、一心太助をからませ描いた異色の軍記物語。

出版社・メーカーコメント

『三河物語』は、徳川家康、秀忠、家光の三代にわたって仕えた旗本大久保彦左衛門忠教が著した、家訓の書ともいうべき性格をもつ軍記物語。三巻三冊。元和八(西暦一六二二)年に草稿が成立し、寛永三(一六二六)年頃まで補訂が続けられた。

著者紹介

安彦 良和 (ヤスヒコ ヨシカズ)  
1947年、北海道紋別郡生まれ。70年、弘前大学中退後上京し、手塚治虫の「虫プロダクション」でアニメーターになる。73年にフリーとなり、以後『機動戦士ガンダム』など、大ヒットアニメに主要スタッフとして参加。キャラクターデザイン、作画監督、監督などアニメ界でマルチに活躍。79年『アリオン』でマンガ家としてデビュー。90年『ナムジ 大國主』で第19回日本漫画家協会賞優秀賞を受賞。2000年『王道の狗』で第4回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞。2012年『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』で第43回星雲賞を受賞。マンガ作品多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)