• 本

論文ゼミナール

出版社名 東京大学出版会
出版年月 2014年8月
ISBNコード 978-4-13-003208-7
4-13-003208-9
税込価格 2,530円
頁数・縦 242P 20cm

商品内容

要旨

論文とはどういう文章か?論文のモラルとは?主題の見つけ方は?設計と構築の行方は?論文を書くこと=技術として捉えて、この創造的な仕事の基本姿勢から実践方法までを懇切に解説する、卒論や学術論文の本格的な作法。

目次

第1部 論文を書くとはどういう経験か―原理篇(論文は、なぜ、必修課題なのか
論文を書くことは技術である
論文とはなにか)
第2部 論文を書く―実践篇(基礎的トレーニング―ノートと要約
論文の主題を見つける
設計図と施工
論文のモラル
文章法
見直しと推敲
書式に関する指針
特別処方八か条)

出版社
商品紹介

論文の書き方の基本から実践まで、東大の論文指導の経験から導き出された、これまでにない本格的な論文作法をわかりやすく解説。

著者紹介

佐々木 健一 (ササキ ケンイチ)  
1943年東京に生まれる。1965年東京大学文学部フランス語フランス文学専修課程卒業。1971年東京大学大学院人文科学研究科美学芸術学博士課程修了、博士(文学)。1989年東京大学文学部教授。2004年日本大学文理学部教授。2001‐4年美学会会長。2001‐4年国際美学連盟会長。2008年‐国際哲学会連合運営委員。2013年‐同副会長。現在、東京大学名誉教授。専攻は美学、フランス思想史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)