• 本

社会を変える健康のサイエンス 健康総合科学への21の扉

出版社名 東京大学出版会
出版年月 2016年7月
ISBNコード 978-4-13-063406-9
4-13-063406-2
税込価格 2,700円
頁数・縦 134P 26cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

目次

第1部 ヒトと環境の科学(地球にやさしいと健康にやさしいのか?―気候変動と健康
遺伝子研究でヒトの健康は変えられるのか?―ゲノム解析と医療
新型インフルエンザが近未来に出現したら?―危機管理と健康 ほか)
第2部 ひとが生きることを支える科学(医療で女性は幸せになったか?―母となることを支える助産学
児童虐待を予防するには?―医療と行政の連携
人生の最期を自分らしく過ごしてもらうには?―逝き方を支える終末期の看護 ほか)
第3部 人と社会の健康をつなぐ科学(くすりの効果をどのように評価するのか?―生物統計学による科学的品質管理
メタボはなぜ悪いのか?解消できるか?―肥満の健康科学
健康のために自由を制限できるのか?―ウェルビーイングを考える倫理学 ほか)

出版社・メーカーコメント

人間・環境・社会は相互につながり、影響しあう存在である。そのつながりを「健康」を通して科学するために、文系・理系の壁を越えた新しい学問が健康総合科学である。東大医学部健康総合科学科のスタッフが結集して、健康を支えるための実践知の意義と面白さを紹介するテキスト。