• 本

現代作家アーカイヴ 自身の創作活動を語る 1

出版社名 東京大学出版会
出版年月 2017年10月
ISBNコード 978-4-13-083067-6
4-13-083067-8
税込価格 2,376円
頁数・縦 234P 20cm
シリーズ名 現代作家アーカイヴ

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

小説家たちは、なにを書いてきたのか。珠玉のインタヴュー集、かつ良質なブックガイド。

目次

高橋源一郎―詩が書けないっていうのが、小説を書く動因の一つです(大切なことを言うときの「いやな感じ」
六〇年代半ばの映画、文学、音楽
三十歳近くで小説につかまれる ほか)
古井由吉―老年への急坂で書いたものに、私のものが煮詰まっている(「僕にとって一番節目だった」
言葉から音律が失せていくこと
小説と歌の力 ほか)
瀬戸内寂聴―何を書いてきたかって、愛と情熱じゃないかしら(瀬戸内晴美から瀬戸内寂聴へ
幼少期に本と出会う
書き始めたのは女学校時代 ほか)

著者紹介

高橋 源一郎 (タカハシ ゲンイチロウ)  
1951年生まれ。81年『さようなら、ギャングたち』で群像新人長編小説賞優秀作、88年『優雅で感傷的な日本野球』で三島由紀夫賞、2002年『日本文学盛衰史』で伊藤整文学賞、12年『さよならクリストファー・ロビン』で谷崎潤一郎賞を受賞
古井 由吉 (フルイ ヨシキチ)  
1937年生まれ。71年「杳子」で芥川賞、80年『栖』で日本文学大賞、83年『槿』で谷崎潤一郎賞、87年「中山坂」で川端康成文学賞、90年『仮往生伝試文』で読売文学賞、97年『白髪の唄』で毎日芸術賞を受賞
瀬戸内 寂聴 (セトウチ ジャクチョウ)  
1922年生まれ。57年「女子大生・曲愛玲」で新潮社同人雑誌賞、61年『田村俊子』で田村俊子賞、63年『夏の終り』で女流文学賞を受賞。73年に中尊寺で得度受戒。法名・寂聴(旧姓・晴美)。92年に『花に問え』で谷崎潤一郎賞、96年『白道』で芸術選奨文部大臣賞、2001年『場所』で野間文芸賞、11年『風景』で泉鏡花文学賞を受賞。06年、文化勲章を受章
平野 啓一郎 (ヒラノ ケイイチロウ)  
1975年生まれ。京都大学在学中に99年、『日蝕』で芥川賞を受賞。2009年『決壊』で芸術選奨文部科学大臣新人賞、『ドーン』でBunkamuraドゥマゴ文学賞、14年フランスの芸術文化勲章シュヴァリエ、17年『マチネの終わりに』で渡辺淳一文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)