• 本

生還

出版社名 文藝春秋
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-16-390988-2
4-16-390988-5
税込価格 2,160円
頁数・縦 193P 20cm

商品内容

要旨

自宅で脳梗塞を起こした84歳の私。入院・転移・リハビリ・帰宅・骨折・再入院…。私は本当に治癒してゆくのだろうか?脳梗塞からの生還。あたらしい闘病文学。

目次

第1部 最初のリハビリ(天井しか見えない夜
“閣下”と呼ばれる男
有料の新聞ですが ほか)
第2部 壊れる私(かわき
小林という平凡な姓
下町の家 ほか)
第3部 リハビリ島奇譚(とりあえず、感じが良い
病院のクリスマス
一日のスケジュール ほか)

おすすめコメント

一昨年、自宅で脳梗塞を起こした当時84歳の私。幻想小説のような文体で綴る文学的闘病記

著者紹介

小林 信彦 (コバヤシ ノブヒコ)  
昭和7(1932)年、東京生れ。早稲田大学文学部英文学科卒業。翻訳推理小説雑誌編集長を経て作家になる。昭和48(1973)年、「日本の喜劇人」で芸術選奨文部大臣新人賞受賞。「丘の一族」「家の旗」などで芥川賞候補。平成18(2006)年、『うらなり』で第五十四回菊池寛賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)