• 本

地球、この複雑なる惑星に暮らすこと

出版社名 文藝春秋
出版年月 2022年5月
ISBNコード 978-4-16-391080-2
4-16-391080-8
税込価格 1,650円
頁数・縦 238P 19cm

商品内容

要旨

地球温暖化、生態系の変化、パンデミックの襲来。虫たちは地球の変化をとっくに知っていた。私たち人間はどこへ行くのか。新しい知性はどこにある?コロナ禍をまたぐ4年間、縦横無尽に語り合った足もとからの文明論。

目次

1 「役に立たない」を擁護する
2 虫と人間
3 旅する想像力
4 世界は思うよりずっと複雑だ
5 ひとりでに「なる」文化
6 問題山積、予想のつかないことばかり
7 ゼロから始める

出版社・メーカーコメント

日本の問題は、「経済」と「環境」にある。そんなのは、コロナにならなくったって、スパコンを使わなくったって、虫を見ていればとっくにわかることだ。虫が生きにくい世のなかは、人間も生き物も生きにくい――。北海道育ち、イタリア暮らし。コロナ禍で一転、イタリアとの行き来が途絶え、日本生活を余儀なくされた根っからの虫好きヤマザキマリが、養老孟司に弟子入り。コロナ以前から箱根の養老昆虫館に足を運んだ2年間、話は虫を通じて見えてくる世界の複雑さ、気候変動とともに変わりゆく生態系、来るべきAIの世界、すっかり脳化が進み「戦時中と似ている」という、どん詰まりの日本を覆う空気。養老さんに訪れたまるの死と病。発覚する統計データ問題。はたして想像力と突破口はどこにある?世の中との「ズレ」を感じ続けるふたりが、その違和を一つひとつ解きながら、いつしか微視的スコープで文明の深奥までを眺め見る師弟対談。

著者紹介

ヤマザキ マリ (ヤマザキ マリ)  
1967年東京都生まれ。漫画家・文筆家。東京造形大学客員教授。94年にイタリアに渡り、フィレンツェの国立アカデミア美術学院で美術史・油絵を専攻。比較文学研究者のイタリア人との結婚を機にエジプト、シリア、ポルトガル、アメリカなどに暮らす。2010年『テルマエ・ロマエ』で第3回マンガ大賞、第14回手塚治虫文化賞短編賞を受賞。2015年度芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞。2017年イタリア共和国星勲章コメンダトーレ綬章
養老 孟司 (ヨウロウ タケシ)  
1937年、鎌倉生まれ。解剖学者。東京大学医学部卒。東京大学名誉教授。89年『からだの見方』でサントリー学芸賞受賞。新潮新書『バカの壁』は大ヒットし、毎日出版文化賞特別賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)