• 本

細野晴臣と彼らの時代

出版社名 文藝春秋
出版年月 2020年12月
ISBNコード 978-4-16-391207-3
4-16-391207-X
税込価格 2,420円
頁数・縦 511P 20cm

商品内容

要旨

細野晴臣本人をはじめとし、松本隆、鈴木茂、坂本龍一、高橋幸宏、林立夫、松任谷正隆、矢野顕子など共に音楽活動をしてきた人々が証言する、苦悩、確執、“解散”の真相、そして音楽の歓び。日本のポップスを変革した音楽家の劇的な半生。決定版評伝。

目次

細野の家
一本の電話
一九六八年十二月三十一日
エイプリル・フール
はっぴいえんど前夜
ゆでめん
風街ろまん
HAPPY END
HOSONO HOUSE
キャラメル・ママ〜ティン・パン・アレー
ダメージ
楽園へ
エキゾチック・サウンド
葛藤
イエロー・マジック・オーケストラ
世界進出
YMOブーム
確執
一九八一年のはっぴいえんど、YMO散開
観光音楽
アンビエントの海から
再会
再結成
ハイドパークの奇跡
音楽はつながる

著者紹介

門間 雄介 (モンマ ユウスケ)  
1974年、埼玉県出身。早稲田大学政治経済学部卒業。ぴあ、ロッキング・オンで雑誌などの編集を手がけ、『CUT』副編集長を経て2007年に独立。その後、フリーランスとして雑誌・書籍の執筆や編集に携わる。『細野晴臣と彼らの時代』が初の単著となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)