• 本

図書館の外は嵐 穂村弘の読書日記

出版社名 文藝春秋
出版年月 2021年1月
ISBNコード 978-4-16-391322-3
4-16-391322-X
税込価格 1,650円
頁数・縦 187P 20cm

商品内容

要旨

カーテンの向こうは、激しい雨と風と稲妻。でも、平気。だって、私はここにいる。体は暖かい図書館に。心は本の中の世界に。「週刊文春」大好評連載「私の読書日記」

目次

「わたしたち」と「ぼくら」
奇蹟の新作たち
異形の「生活の知恵」
最高の告白
アイデンティティの謎
「いい感じ」の作家
不可思議の理由
「気絶人形」たちの歌
ほんとうの夏休み
追い越された未来
鏡の中のなぞなぞ
つげ義春の魔力
世界を更新する眼
蟻の街見たし
「二二んが四」を超えて
アウトサイダーの輝き
多佳子と三鬼と清張
メタの鍵を持つ作家
大島弓子の単行本未収録作品など
少女たちの声
誰かが誰かを捜す物語
「クラムボン」の仲間たち

出版社・メーカーコメント

エッセイや評論、絵本や翻訳など幅広く活躍している、歌人・穂村弘。「週刊文春」の好評連載「私の読書日記」3年間分が書籍化です。絵本、歌集や句集、名作文学に、ミステリ、SF、漫画まで。幅広いジャンルから選ばれた本を丁寧に読み解きます。穂村弘の手にかかると知らなかった本も、繰り返し読んだ本でも、その文章、そして言葉一つひとつが輝き、魅力的に光り始める??。読み終わったとき、きっとあなたも本への愛を誰かに語り出したくなる。本への愛、言葉への愛にあふれた読書日記です。

著者紹介

穂村 弘 (ホムラ ヒロシ)  
1962年北海道生まれ。歌人。1990年歌集『シンジケート』でデビュー。詩歌、評論、エッセイ、絵本、翻訳など幅広いジャンルで活躍中。2008年『短歌の友人』で第十九回伊藤整文学賞、17年『鳥肌が』で第三十三回講談社エッセイ賞、18年『水中翼船炎上中』で第二十三回若山牧水賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)