• 本

岡本太郎 芸術という生き方

伝記を読もう 11

出版社名 あかね書房
出版年月 2018年3月
ISBNコード 978-4-251-04611-6
4-251-04611-0
税込価格 1,620円
頁数・縦 149P 22cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

「芸術とは生きること」と言った、岡本太郎は、権威と闘い、常識と闘いそして、自分自身と闘いぬいた。それが太郎の生き方だから。

目次

1 ひとりぼっちの闘い
2 パリでの苦悩
3 冷凍された五年間
4 戦闘開始
5 本職は“人間”
6 縄文との出会い
7 芸術は太陽
8 反博の巨像
9 生命の空間
10 いま生きる遺産
資料

著者紹介

平野 暁臣 (ヒラノ アキオミ)  
空間メディアプロデューサー/岡本太郎記念館館長。岡本太郎が創設した現代芸術研究所を主宰し、多彩なプロデュース活動を行う。岡本太郎関連では「明日の神話再生プロジェクト」「生誕百年事業」「太陽の塔再生プロジェクト」などを率いる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)