• 本

だから僕たちは、組織を変えていける やる気に満ちた「やさしいチーム」のつくりかた

出版社名 クロスメディア・パブリッシング
出版年月 2021年12月
ISBNコード 978-4-295-40625-9
4-295-40625-2
税込価格 2,068円
頁数・縦 303P 19cm

書籍ダイジェスト配信サービス SERENDIP 厳選書籍

要旨

前例がなく、正解の見えづらい環境変化の中で企業が生き残るには、これまでの組織のあり方のままでいいはずがない。そんな危機感を抱くビジネスパーソンは少なくないだろう。だが、どのように変えていけばいいのだろうか。また、時代にふさわしい組織におけるリーダーシップはどうあるべきなのか。本書では、従来の効率性を優先した、硬直的にもなりがちな管理型・統制型組織を、柔軟で創造性を育み、人間性を重視する組織にシフトしていくための考え方や方法を、さまざまな経営学、組織論、リーダー論をもとに解き明かしている。時代にふさわしい組織像には「学習する組織」「共感する組織」「自走する組織」があり、いずれも「関係性」を変えていくことが重要。中でも「自走する組織」は、著者の提唱する新しい組織像の中核をなすものであり、そのメカニズムを会得できるかどうかが組織の盛衰を分けるのだという。著者は、起業家、経営学者。株式会社hint代表。株式会社ループス・コミュニケーションズ代表。2016年から学習院大学経済学部経営学科の特別客員教授に就任。2020年からはビジネス・ブレークスルー大学教授として教鞭を執る。
※要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。
以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2022年2月18日]

商品内容

要旨

あなたの会社は「負の循環」になっていないか?ホールネスのつながりをつくり、心に火をつける科学的メソッド!

目次

1章 時代は変わった。組織はどうか?―僕たちの違和感は、どこからくるのだろう
2章 これからの組織は、「統制」から「自走」へ―僕たちが目指す、理想の組織とリーダー
3章 リーダーは、強がりの仮面をはずそう―安全な対話で、関係の質を変える
4章 チームを動かす、北極星を見つけよう―意味の共有で、思考の質を変える
5章 アメとムチを捨て、好奇心を解き放とう―内発的な動機づけで、行動の質を変える
6章 たったひとりから、影響の輪は広がる―だから僕たちは、組織を変えていける
巻末付録 これから組織を変えていく「スモールイノベーター」のあなたに

著者紹介

斉藤 徹 (サイトウ トオル)  
起業家、経営学者。株式会社hint代表。株式会社ループス・コミュニケーションズ代表。1985年、日本IBM入社。1991年に独立しフレックスファームを創業。2005年にループス・コミュニケーションズを創業。ソーシャルシフト提唱者として、知識社会における組織改革を企業に提言する。2016年から学習院大学経済学部経営学科の特別客員教授に就任。起業家、経営者、教育者、研究者という多様な経歴を活かして、2020年からはビジネスブレークスルー大学教授として教鞭を執る。2018年に開講した社会人向けオンラインスクール「hintゼミ」には、大手企業社員から経営者、個人にいたるまで、多様な受講者が在籍し、期を増すごとに同志の輪が広がっている。企業向けの講演実績は数百社におよび、組織論、起業論に関する著書も多い(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)