• 本

押井守監督が語る映画で学ぶ現代史

出版社名 日経BP
出版年月 2020年11月
ISBNコード 978-4-296-10770-4
4-296-10770-4
税込価格 1,980円
頁数・縦 396P 19cm

商品内容

目次

世界大戦争(1961年)―映画は「時代の不安」のタイムカプセルだ
007ロシアより愛をこめて(1963年)―冷戦期を象徴する「領収書100%OKの男」
エレキの若大将(1965年)―ありえない大学生活は高度成長期の夢のカタマリ
仁義なき戦い(1973年)―取り残された人々の叫び「こんな“戦後”に納得できるか」
野性の証明(1978年)―「お父さん、怖いよ!」角川映画が業界に起こした革命
DEAD OR ALIVE犯罪者(1999年)―Vシネで出くわした「俺がやりたかった!」映画
海外ドラマシリーズ ゲーム・オブ・スローンズ(2011〜19年)・THE NEXT GENERATIONパトレイバー(2014〜15年)―コストと中身の両立を海外ドラマから学んだその成果が「TNG」
キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー(2014年)―「時代の不安」を描くエンタメ ハリウッド映画の底力を見た
アフターコロナの日本映画―時代の不安は溜め込まれて消えていくのか、爆発するのか?

出版社・メーカーコメント

押井守監督曰く「映画とは、作られた時代の不安を封じ込めたタイムカプセルである」。映画を通して現代史をゆるく深く学べます。

著者紹介

押井 守 (オシイ マモル)  
1951年生まれ、東京都出身。1977年、竜の子プロダクション入社。1979年、スタジオぴえろに移籍。1981年、チーフディレクターを務めたテレビアニメ「うる星やつら」がヒット、「うる星やつら オンリー・ユー」(83)で劇場監督デビュー。アニメと実写の両方を得意とする。『イノセンス』(2004)がカンヌ国際映画祭コンペティション部門、『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』(08)がヴェネチア国際映画祭コンペティション部門入り。2016年、アニー賞ウィンザー・マッケイ賞を受賞。2019年より米国アカデミー会員に
野田 真外 (ノダ マコト)  
1967年生まれ、福岡県出身。CM制作会社を経て、現在はフリーの映像演出家。代表作は『東京静脈』(2003)、『大阪静脈』(2011)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)