• 本

必ず誰かに話したくなる心理学99題

新版

宝島SUGOI文庫 Dし−1−3

出版社名 宝島社
出版年月 2021年4月
ISBNコード 978-4-299-01532-7
4-299-01532-0
税込価格 660円
頁数・縦 285P 16cm
シリーズ名 必ず誰かに話したくなる心理学99題

商品内容

要旨

「相手のウソは手の動きでわかる」、「高いプレゼントで愛は破局する」、「商談の行方は相手の座り方で90%わかる」、「会議は着席したときから始まっている」―。心理学は科学的な研究を通して、人の心を客観的に分析し、理解するものです。心理学の実験や調査研究を学ぶことで、これまでの「人の心はつかみどころがなくて、よくわからない」という先入観が取り払われるのです。生き方上手になる99題。

目次

1 幼少期心理編(ヘビースモーカーおはしゃぶりが忘れられないだけ
高層階に住んでいると子どもは自立が遅くなる
子どもを甘やかして育てるとストーカーになる ほか)
2 恋愛心理編(高いプレゼントは愛の破局をもたらす
スポーツマンに憧れるのは勘違いのドキドキだった
愛情の深さは計算式で導き出せる ほか)
3 ビジネス心理編(上司の真似をすると出世がみるみる早くなる
初対面の印象が悪いと会えば会うほど嫌われる
自分に自信がない女性は「デキる女」になりやすい ほか)

出版社・メーカーコメント

普段、とくに意識することなく行なっているクセやしぐさ。実は、本当の気持ちはそこに隠されているのです。サインを見逃さず注意深く観察することで、相手が何を考え、あなたのことをどう思っているのかがわかります。本書では、幼少期・恋愛・ビジネスの3分野で、無意識のしぐさの裏側に隠された心理やその活用法を、イラストを交えて解説します。読めば必ず誰かに話したくなるはずです。