• 本

ハル、ハル、ハル

出版社名 河出書房新社
出版年月 2007年7月
ISBNコード 978-4-309-01828-7
4-309-01828-9
税込価格 1,512円
頁数・縦 201P 20cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 2007年俺的傑作。

    ここの放置っぷりはともかくとして、いろいろと読んでおります。さて、こちらは、次世代へ、なんか一人で勝手に向かった、われらが古川日出男ちんの、初心者向けのご本です。今までの古川節とは違い、とにかく疾走感のみの物語。基本的にこれのどこが小説だよというようなシーンの切り取り方にぶった切り方ですが、それがまたウェルメイドよりじゃなく、熱くて熱くて美味いのでございます。また文章を言葉とするという意味では、実に上手い仕上がり。例えるなら、天ぷらは熱いうちに食わなきゃダメだろ!みたいなものでございます。ケータイ小説を読んでいる方にも大変お勧めなんでございますので、ぜひ手に取って見てくださいませ。

    (2008年3月4日)

商品内容

要旨

3人のハルよ、世界を乗っ取れ。暴走する世界。疾走する少年と少女。この物語は全ての物語の続編だ。

出版社
商品紹介

暴走する世界、疾走する少年と少女。3人のハルよ、世界を乗っ取れ。乱暴で純粋な人間たちの圧倒的な現在を描いた、著者の最高傑作。

著者紹介

古川 日出男 (フルカワ ヒデオ)  
1966年、福島県生まれ。98年『13』で作家としてデビュー。2002年『アラビアの夜の種族』で第55回日本推理作家協会賞、第23回日本SF大賞をダブル受賞。2006年『LOVE』で第19回三島由紀夫賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)