• 本

ギケイキ 千年の流転

出版社名 河出書房新社
出版年月 2016年5月
ISBNコード 978-4-309-02465-3
4-309-02465-3
税込価格 1,760円
頁数・縦 342P 20cm
シリーズ名 ギケイキ

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • ギケイキ??って何?と思ったら、「義経記」のことなのですね。
    源義経といえば、歴史の人気者。
    どんな人だったのかしらと本をめくってみたら、
    まさかの「ハルク・ホーガン」スタートです。
    え?

    とても現代的な文章や言葉使いで義経の生涯が語られています。
    ちょっと思ってたのと違う!
    でも面白い!
    義経記ってもっと教科書に出てくるような格調高い、堅苦しい文章のものが多いイメージなのですけど、
    これは日記とかブログとか読んでいるような感じです。
    義経という人が非常に身近に感じられます。
    登場人物に血が通っているような感じがして、人物像をイメージしやすく、
    とても楽しく読めます。

    (2016年5月31日)

商品内容

要旨

激烈に滑稽。激烈に悲痛。千年の時を超え、怒涛の生涯を語り出す源義経、誕生!デビュー20周年超娯楽大作。

出版社・メーカーコメント

はは、生まれた瞬間からの逃亡、流浪。私の名は――千年の時を超え、現代に生きる源義経が、自らの怒涛の生涯を語り出す。激烈に滑稽で、激烈に悲痛な魂を描く、町田康の新たな代表作。

著者紹介

町田 康 (マチダ コウ)  
1962年大阪府生まれ。作家、歌手として活躍。1996年に発表した処女小説「くっすん大黒」でドゥマゴ文学賞、野間文芸新人賞、2000年「きれぎれ」で芥川賞、2001年『土間の四十八滝』で萩原朔太郎賞、2002年「権現の踊り子」で川端康成文学賞、2005年『告白』で谷崎潤一郎賞、2008年『宿屋めぐり』で野間文芸賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)