• 本

高峰秀子が愛した男

出版社名 河出書房新社
出版年月 2017年1月
ISBNコード 978-4-309-02543-8
4-309-02543-9
税込価格 1,944円
頁数・縦 213P 21cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

5歳の時から、小学校にも通えず、血縁を養うために働き続けた高峰秀子。日本映画に名を刻む大女優が選んだ男は、名もなく貧しい青年だった。なぜ、女はこの男を選んだのか、この男の何を愛したのか―。追悼・松山善三。

目次

「かあちゃんは小さい時から働いて、働いて…だからきっと神様が、可哀そうだと思って、とうちゃんみたいな人と逢わせてくれたんだね」
「とうちゃんはハンサムだからね」
「とうちゃんは子供の頃、あだ名が『キュウリ』だったんだって」
「僕はボーっとした子供で、頭も悪かった。いつも友達に苛められてましたよ」
「とうちゃんが子供の時、その頃はお醤油って量り売りだったから空き瓶を持って買いにいくんだけど、とうちゃんがお使いでお醤油を買って帰ってきたら、玄関でいきなりお父さんに殴られたんだって。洟を垂らしてるって。ひどいでしょ。でもとうちゃんは兄弟の中で一番偉くなって、お父さんに家を建ててあげたのよ」
「なんて素直な人だろうと思った」
「夢のようでしたよ」
「私みたいなノータリンでいいのかしらと思った」
「我慢の向こうには必ず笑いがある、幸せがある。必ず期待するものが見えるはずだと、僕は信じてます」
「土方やってでも養っていきます」〔ほか〕

おすすめコメント

映画監督・脚本家松山善三を、高峰はなぜ生涯の伴侶と定め、いかに愛したのか。ふたりの養女が夫婦の愛の深さを綴る。

著者紹介

斉藤 明美 (サイトウ アケミ)  
1956年生まれ。高校教師、構成作家を経て『週刊文春』の記者を20年務め、2006年にフリーとなる。小説『青々と』で日本海文学大賞奨励賞受賞。2009年、松山善三と高峰秀子の養女となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)