• 本

蒼玉の令嬢

出版社名 河出書房新社
出版年月 2017年10月
ISBNコード 978-4-309-02611-4
4-309-02611-7
税込価格 1,512円
頁数・縦 329P 19cm

商品内容

要旨

一九三二年夏、台湾からの帰国の船中で、秋島男爵の令嬢・比佐子は密航していた少女・ユキと出会い、謎めいたサファイアを譲られる。帰国後、穏やかな学園生活に戻っていたのだが、ユキとの運命的な再会が、比佐子を巨大な陰謀の渦に巻き込んでいった。サファイアをめぐる虐殺事件、見え隠れする関東軍、戦争の暗い影、友人で陸軍将校の吉岡たちの力を借りて、比佐子は真相に近づくのだが…そして比佐子に待ち受ける恋の結末は?時代に翻弄されながら、懸命に生き抜く比佐子と仲間たちの活躍を描く!

おすすめコメント

戦前、秋島男爵の令嬢・比佐子が船中で手に入れた「伝説の宝石」が、やがて国際政治を巻き込んだ陰謀へと発展していく。大人気脚本家が送る青春ミステリー。最後に待ちうける恋愛の結末は?

著者紹介

荒井 修子 (アライ シュウコ)  
日本大学芸術学部卒業後、ドラマ制作会社を経て2001年脚本家デビュー。「島の先生」「マザー・ゲーム彼女たちの階級」「ツバキ文具店」等のヒットドラマを多数手掛ける。オリジナル脚本の評価も高く『蒼玉の令嬢』が小説デビューとなる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)