• 本

ポリフォニック・イリュージョン 初期作品+批評集成

出版社名 河出書房新社
出版年月 2018年5月
ISBNコード 978-4-309-02669-5
4-309-02669-9
税込価格 1,944円
頁数・縦 381P 20cm

商品内容

要旨

日本SF大賞史上初!2度の大賞受賞。現代SF最高峰作家のデビュー作をはじめ、貴重な作品を集成した、ファン待望の宝石箱。蓋を開けば響きあう、物語と批評の音色。幻の封印作品、ついに解禁。

目次

第1部 星窓 Complete Box(ポリフォニック・イリュージョン
異本:猿の手
地球の裔 ほか)
第2部 読んだもののことなど(円城塔『Self‐Reference ENGINE』に寄せて
ガチSFだが、ふつうの小説として
佐藤哲也『妻の帝国』を読んで ほか)
第3部 書くこととその周辺(腕をふりまわす
ベストSF2004国内篇第1位に寄せて―『象られた力』
受賞のことば―第26回日本SF大賞『象られた力』 ほか)

おすすめコメント

日本SF大賞史上初となる二度の大賞受賞を果たした、現代日本SF最高峰作家の初期作品&評論集。著者自ら封印してきたデビュー作「ポリフォニック・イリュージョン」他5作、ついに解禁。

著者紹介

飛 浩隆 (トビ ヒロタカ)  
1960年、島根県生まれ。島根大学卒。81年、「ポリフォニック・イリューション」で第1回三省堂SFストーリーコンテストに入選、「SFマガジン」に掲載されデビュー。05年、短編集『象られた力』(同)で第26回日本SF大賞を受賞。07年、短編集『ラギッド・ガール廃園の天使2』(同)で第6回Sense of Gender賞大賞を受賞。17年、短編集『自生の夢』(河出書房新社)で第38回日本SF大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)