• 本

ハラスメントゲーム

出版社名 河出書房新社
出版年月 2018年10月
ISBNコード 978-4-309-02739-5
4-309-02739-3
税込価格 1,620円
頁数・縦 299P 20cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 人気脚本家、堂々の小説家デビュー!

    社会的ブームを巻き起こしたドラマ「昼顔」や、人気ドラマ「緊急取調室」などの脚本を手がけた、井上由美子さんの小説家デビュー作。チェーンスーパーの本社コンプライアンス室室長・秋津が部下の高村真琴と、さまざまなハラスメントに対応する。世の中にこんなにいろいろなハラスメントが存在しているなんて驚きです。私もスタッフとの接し方を慎重にしなきゃいけないなぁ・・。

    (2018年10月14日)

商品内容

要旨

コンプライアンス室を舞台に、さまざまなハラスメント問題と会社の闇を描く、スリリングなエンタメ企業小説!かつて凄腕で鳴らした秋津渉が、マルオーホールディングス本社に呼び戻され、コンプライアンス室長に任命された。セクハラ、パワハラ、パタハラなど一筋縄ではいかないハラスメント難問に、唯一の部下である高村真琴とともに立ち向かっていく…。

おすすめコメント

大手スーパーを舞台に、コンプライアンス室長に任命された主人公が、部下とともにセクハラ、パワハラ等々さまざまな難題に立ち向かう痛快エンタメ企業小説。人気脚本家、待望の初小説!

著者紹介

井上 由美子 (イノウエ ユミコ)  
脚本家。兵庫県神戸市出身。立命館大学文学部中国文学専攻卒業。株式会社テレビ東京勤務を経て、1991年、脚本家デビュー。主な受賞に向田邦子賞、芸術選奨文部科学大臣賞、文化庁芸術祭放送個人賞、橋田賞、ギャラクシー賞などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)