• 本

自然を生きる、自分を生きる

出版社名 河出書房新社
出版年月 2019年2月
ISBNコード 978-4-309-02777-7
4-309-02777-6
税込価格 1,400円
頁数・縦 157P 19cm

商品内容

要旨

「多元的生活」「世代間格差」「地方と中央」「男と女」…。歳を重ねてなお輝く!人生の達人二人が、語り、笑い、問う名対談。

目次

1 似たもの同士の私たち(二人の出会いと「いい加減」な関係
「おまえ」という呼び方について
日本の地方ってどんな感じ?
あなたの職業何ですか?)
2 第二の土地を見つけるまで(じいちゃんと孫の関係
八ヶ岳と鴨川に至るまでのドラマ
財布を持つ人、持たない人
自分の実力を確かめること)
3 これからの生きる力(大フウテン時代の到来
固定観念を外してみよう
おしっこや糞は宝物
地元の人に教えられること
君たちはどう生きるか!)
4 年をとるのも悪くない(忘れられない先輩たち
昔のなぞのおっさんの正体は…?
新しいことを始めた人が時代を拓く
自覚症状のない二人)

おすすめコメント

いくつになってもますます元気に!東京と地方の「多元生活」を送るパワフルな2人による対談集。自然の素晴らしさや厳しさ、そこから教わった人生観などをユーモアたっぷりに語った1冊。

著者紹介

柳生 博 (ヤギュウ ヒロシ)  
1937(昭和12)年茨城県生まれ。東京商船大学中退後、劇団俳優座の養成所へ。俳優業の傍ら、山梨県八ヶ岳南麓に住処を求める。1989(平成元)年に「八ヶ岳倶楽部」を開設。公益財団法人日本野鳥の会会長、コウノトリファンクラブ会長
加藤 登紀子 (カトウ トキコ)  
1943(昭和18)年ハルビン市生まれ。1965年、東京大学在学中に歌手デビュー。「ひとり寝の子守唄」「百万本のバラ」「知床旅情」などヒット曲多数。映画『居酒屋兆治』『紅の豚』等に出演。千葉県で「鴨川自然王国」を家族と共に運営(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)