• 本

つりが好き

アウトドアと文藝

出版社名 河出書房新社
出版年月 2020年3月
ISBNコード 978-4-309-02876-7
4-309-02876-4
税込価格 1,815円
頁数・縦 186P 19cm

商品内容

要旨

つれなくても、つれても、やめられない24人の「釣り」アンソロジー。

目次

春の渓流(辻まこと)
噺百遍(桂歌丸)
二重の呪文(矢口高雄)
ザリガニ釣り(沢野ひとし)
春饌譜(佐藤垢石)
オクラとアユ釣り(福田蘭童)
ワサビ盗人(井伏鱒二)
釣魚談一則(幸田露伴)
鱸(幸田文)
釣人物語より(林房雄)
黒鯛釣り(團伊玖磨)
釣魚迷の「人民公社反対論」(西園寺公一)
アラスカの鮭釣り(大庭みな子)
セーヌ川の雑魚にナメられ、手も足もだせなかったこと(開高健)
釣りの経験(獅子文六)
釣り師の心境(坂口安吾)
不具の蟹(森下雨村)
食用蛙(北杜夫)
ゲテ魚好き(火野葦平)
脇役たち(抄)(長辻象平)
釣友今昔(三代目三遊亭金馬)
魚釣り(今西錦司)
一本づり(宮本常一)
日高基裕『釣する心』序(永井荷風)

おすすめコメント

川で、海で、釣り堀で。釣りを愉しむ作家たちの傑作アンソロジー。釣りをするときの心、ともに釣る人たちとの会話、釣った魚で飲む酒……。