• 本

推し、燃ゆ

出版社名 河出書房新社
出版年月 2020年9月
ISBNコード 978-4-309-02916-0
4-309-02916-7
税込価格 1,540円
頁数・縦 125P 20cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 推し、燃ゆ

    第164回芥川賞受賞作。その評価は選考委員をはじめ各方面からの絶賛の嵐だ。デビュー作「かか」で文藝賞と三島由紀夫賞のダブル受賞を果たしていた注目の作家とはいえ、二作目で最高峰を登ってしまったのだから驚きである。観察力はもちろんのこと、それを描写できる筆致の強さ、広さ、深さが秀逸である。21歳の若さが話題ではなく、作家としての力量に注目していただきたい。息の長い作家であり続けて、本読みを楽しませてくれる作家になってくれそうだ。

    (2021年3月15日)

商品内容

文学賞情報

2020年 第164回 芥川賞受賞

要旨

推しが炎上した。ままならない人生を引きずり、祈るように推しを推す。そんなある日、推しがファンを殴った。第164回芥川龍之介賞受賞。

出版社・メーカーコメント

第164回芥川龍之介賞受賞作 逃避でも依存でもない、推しは私の背骨だ。アイドル上野真幸を”解釈”することに心血を注ぐあかり。ある日突然、推しが炎上し??

著者紹介

宇佐見 りん (ウサミ リン)  
1999年静岡県生まれ、神奈川県育ち。現在大学生。2019年、『かか』で第五六回文藝賞を受賞、三島由紀夫賞候補となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)