• 本

屋根の上のおばあちゃん

出版社名 河出書房新社
出版年月 2020年11月
ISBNコード 978-4-309-02923-8
4-309-02923-X
税込価格 1,760円
頁数・縦 283P 19cm

商品内容

要旨

祖母の様子を見てきてくれ。兄・洋一に頼まれ、久方ぶりに京都を訪れた弟・哲郎。再会も束の間、病院に担ぎ込まれた祖母・ゑいは、夢うつつの中で祖父・良一との出会いと別れ、そして戦前から戦後にかけて激動の時代を生き抜いた自らの半生を語り出す―。かつて「東洋のハリウッド」と謳われた映画の都を舞台に二つの時代が交錯し、一冊のアルバムと一本のフィルムの謎が鮮やかに解き明かされる、感動のデビュー作!第1回京都文学賞一般部門優秀賞受賞作。

出版社・メーカーコメント

戦前から戦後にかけて激動の時代を京都で生き抜いた祖母と、久しぶり京都を訪ねた孫。1本のフィルムをめぐり二つの時代が交錯する愛と感動の物語。第一回京都文学賞優秀賞受賞作。

著者紹介

藤田 芳康 (フジタ ヨシヤス)  
1957年大阪市生まれ。神戸大学文学部卒業後サントリー制作室にコピーライターとして入社。BOSS、なっちゃん、DAKARAなどの商品をネーミングする一方で京番茶や天然水などのCMを企画・演出する。1998年に映画脚本『ピーピー兄弟』でサンダンス/NHK国際映像作家賞を受賞し、自ら製作・監督。2002年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭で南俊子批評家賞を獲得した。2020年には初の小説「太秦―恋がたき」(改題『屋根の上のおばあちゃん』)で第1回京都文学賞一般部門優秀賞を受賞。日本映画監督協会及び日本シナリオ作家協会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)