• 本

どうぞ、召しあがれ! フランスの食祭りの旅

出版社名 河出書房新社
出版年月 2002年7月
ISBNコード 978-4-309-20362-1
4-309-20362-0
税込価格 1,760円
頁数・縦 294P 20cm

商品内容

要旨

19歳でフランス料理に開眼した時の思い出、世にも珍しいトリュフのミサ、イギリス人参加者は初めての蛙料理祭り、などなどピーター・メイルがフランス各地を歩いて書き上げた、とりたての最新エッセイ。

目次

フランス人の胃袋
リシュランシュ村のトリュフ・ミサ
ヴィッテルの蛙党
地鶏ブレス・チキンの祝典
リヴァロのチーズ祭り
スローフード
サントロペのクラブ55
メドックの仮装マラソン
コルク栓乱れ飛ぶブルゴーニュ
腸詰めブーダン・ノワール
三つ星シェフのダイエット料理
ミシュラン・ガイドの奇跡
ラストコース

出版社
商品紹介

著者のフランス全土にわたる食の探求。彼ならではの、驚きに満ちたグルメ紀行。3つ星シェフのダイエット料理など盛り沢山。

おすすめコメント

ゆったりと、たっぷりと、郷土色豊かな食生活を味わう。リヴァロのチーズ祭り、ボルドーの大マラソン、ヴィッテルの蛙党、三つ星シェフのダイエット料理・・・。ピーター・メイルがフランス各地を歩いて書き上げた、とりたての最新エッセイ。

著者紹介

メイル,ピーター (メイル,ピーター)   Mayle,Peter
1939年ロンドン郊外に生まれる。広告業界に入り、コピーライターから始めて成功を収める。性教育の絵本「ぼくどこからきたの?」の出版をきっかけに会社を辞めた。86年秋に南仏プロヴァンスへ移住。「南仏プロヴァンスの12か月」(89)と「南仏プロブァンスの木陰から」(91)が世界的なベストセラーとなる。BBC・TVがドラマ化。プロヴァンス・ブームが起きる。94年4月に来日。仕事の都合から一時期アメリカに滞在したが、97年末にプロヴァンスへ念願の“帰郷”を果たし、現在は南仏で妻、そして犬と一緒に暮らしている。99年に「南仏プロヴァンスの昼下り」を出版し、「12か月」「木陰」につづくプロヴァンス・エッセイ3部作を完結させた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)