• 本

愛という名の病

出版社名 河出書房新社
出版年月 2003年10月
ISBNコード 978-4-309-20388-1
4-309-20388-4
税込価格 1,944円
頁数・縦 285P 20cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

「あなたは母の愛人だったんですか?」突然現れたパイロットのひとことから愛の地獄めぐりが始まった…。ポストモダン・ゴシックの旗手、パトリック・マグラアの描くミステリアス・ロマンス。

おすすめコメント

「あなたは母の愛人だったんですか?」突然現れたパイロットの一言から、愛の地獄めぐりが始まった・・・。ポストモダン・ゴシックの旗手パトリック・マグラアの描くミステリアス・ロマンス!

著者紹介

マグラア,パトリック (マグラア,パトリック)   McGrath,Patrick
1950年ロンドンに生まれる。精神科医の父親が勤める精神病院の近所で育ち、中には犯罪者もいる患者との交流や、耳にしたさまざまの凄惨な話が少年期の彼の心に深い影響を残したという。ロンドン大学では英文学の学位を取得。10年ほどの放浪生活をへて、ニューヨークで作家生活に入る。1988年刊行の処女短篇集『血のささやき、水のつぶやき』がC・バーカーに激賞され、書評誌をにぎわしたのを受け、翌年には処女長篇である『グロテスク』を発表。ポストモダン・ゴシックの旗手として活躍、独特の知的で凶々しい世界を築き上げている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)