• 本

すべての、白いものたちの

出版社名 河出書房新社
出版年月 2018年12月
ISBNコード 978-4-309-20760-5
4-309-20760-X
税込価格 2,160円
頁数・縦 186P 20cm

商品内容

要旨

しなないで、しなないでおねがい―その言葉がお守りとなり、彼女の体に宿り、そのおかげで私ではなく彼女がここへやってくることを、考える。自分の生にも死にもよく似ているこの都市へ。うぶぎ、ゆき、つき、こめ、はくさい、ほね…白い光と体温のある方へ―ワルシャワと朝鮮半島をむすぶ、いのちの物語。アジア唯一の国際ブッカー賞作家、新たな代表作。最注目の作家が描く破壊の記憶と、再生への祈り。

おすすめコメント

チョゴリ、白菜、産着、骨……砕かれた残骸が、白く輝いていた  現代韓国最大の女性作家による最高傑作がついに邦訳。崩壊の世紀を進む私たちの、残酷で偉大ないのちの物語。

著者紹介

ハン ガン (ハン ガン)  
韓江。1970年、韓国・光州生まれ。延世大学国文学科卒業。1993年、季刊「文学と社会」に詩を発表し、翌年ソウル新聞新春文芸に短篇「赤い碇」が当選し作家デビューを果たす。2005年『菜食主義者』で李箱文学賞、同作で16年にマン・ブッカー賞国際賞を受賞
斎藤 真理子 (サイトウ マリコ)  
1960年、新潟市生まれ。明治大学文学部史学地理学科考古学専攻卒業。80年より韓国語を学び、91〜92年、韓国の延世大学語学堂へ留学。15年、パク・ミンギュ『カステラ』(ヒョン・ジェフンとの共訳、2014年、クレイン)で第1回日本翻訳大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)