• 本

お茶の歴史

出版社名 河出書房新社
出版年月 2010年9月
ISBNコード 978-4-309-22532-6
4-309-22532-2
税込価格 3,080円
頁数・縦 316P 20cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

中国茶、紅茶、日本茶…お茶のすべてがここにある。初めて茶の「全世界・全歴史」を詳しく語った待望の決定版。植物学、医学、宗教、文化、経済、人類学、社会、政治など、さまざまな側面から「安全で刺激的な飲み物」を克明に描いた名著。

目次

茶―覚醒の葉
植物学の寄り道―茶のライバルたち
国の威信のよりどころ―東南アジアと茶の起源
酪の奴隷―一世紀から六世紀までの茶
喫茶去!―唐代
兎毫盞のなかの雲脚―宋代
極上の飲み物で平和を買う―茶馬交易
禅の味は茶―十二世紀から十五世紀までの日本
茶聖千利休―日本の茶道の完成
韓信点兵―明代と清代の茶〔ほか〕

出版社
商品紹介

「茶の世界史」を初めて詳細に網羅。茶の起源から現代まで100以上の図版とともに読む。

著者紹介

メア,ヴィクター・H. (メア,ヴィクターH.)   Mair,Victor H.
ペンシルヴェニア大学の中国語および中国文学教授
ホー,アーリン (ホー,アーリン)   Hoh,Erling
ストックホルム生まれのアメリカ育ちで、一時期は台湾にも在住。現在はスウェーデンで活動するジャーナリスト、フリーライター。専門は中国の文化・歴史・時事問題。雑誌「Archaeology(考古学)」およびデンマークの新聞社の元記者
忠平 美幸 (タダヒラ ミユキ)  
1962年生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。図書館司書を経て現在は翻訳者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)