• 本

ヒルコ 棄てられた謎の神

出版社名 河出書房新社
出版年月 2010年9月
ISBNコード 978-4-309-22533-3
4-309-22533-0
税込価格 1,760円
頁数・縦 187P 20cm
シリーズ名 ヒルコ

商品内容

要旨

イザナギ・イザナミの第一子で、アマテラス・ツクヨミ・スサノヲの兄であるのに、なぜヒルコは障害をもって生まれ、葦舟に乗せられて棄てられたのか?海人族、姫姓、ヒルメ、エビス神、呉太白、陳大王、夫差、ニウツヒメ、銅鐸祭祀、アメノミナカヌシ、徐福伝説、ニギハヤヒ…、そしてスサノヲから、ヒルコの正体に学際的に迫る。『先代旧辞本紀』の価値を見出し、神武以前のもう一つの建国神話がいま読み解かれる。

目次

まえがき ヒルコから始まる根源の系譜
第1章 流された神・ヒルコの謎―漂着神話に由来するエビスと隼人
第2章 太陽の化身・オオヒルメの謎―海人族が奉戴した八幡神の母
第3章 「丹」をつかさどる神・ワカヒルメの謎―銅鐸は紀氏一族の祭器か
第4章 北極星となった神・アメノミナカヌシの謎―呉太伯伝説は海を越えて
第5章 降臨する現人神・スサノヲの謎―渡来神話が示す歴史的事実

出版社
商品紹介

イザナギ・イザナミの最初の子でありながら、棄てられたヒルコ神が握る、神武以前の建国神話の謎を追跡する。

著者紹介

戸矢 学 (トヤ マナブ)  
1953年、埼玉県生まれ。國學院大学文学部神道学科卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)