• 本

日中戦争史 復刻新版

出版社名 河出書房新社
出版年月 2011年7月
ISBNコード 978-4-309-22548-7
4-309-22548-9
税込価格 7,260円
頁数・縦 387,17P 22cm
シリーズ名 日中戦争史

商品内容

要旨

日中戦争研究の古典的名著。精密な資料調査と厳格な資料批判に基づいて書かれ、1961年刊行以来、先駆的業績として定評のある同書を、最新の文献一覧を新たに収録して復刊。

目次

第1章 梅津・何応欽協定
第2章 河北分離工作の失敗
第3章 日中戦争―和平工作と講和条件をめぐって
第4章 盧溝橋事件―七月七日夜から八日夜まで
第5章 日中戦争における拡大派と不拡大派
第6章 日中戦争をめぐる列国の動向
第7章 軍事作戦概史
第8章 戦前期における日本の海外投資の展開過程

出版社
商品紹介

1961年初版以来、日中戦争を中心とした大陸政策の展開研究の先駆的業績として評価の高い本書を、最新文献一覧を収録して復刊。

著者紹介

秦 郁彦 (ハタ イクヒコ)  
1932(昭和7)年、山口県生まれ。1956年、東京大学法学部卒業。ハーバード大学、コロンビア大学留学、大蔵省財政史室長、プリンストン大学客員教授、拓殖大学、千葉大学教授を経て、日本大学法学部教授を2002年に退職。法学博士。現在、日本大学講師。『昭和史の謎を追う』上下(文春文庫)で1993年度菊池寛賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)