• 本

軍ファシズム運動史

復刻新版

出版社名 河出書房新社
出版年月 2012年5月
ISBNコード 978-4-309-22573-9
4-309-22573-X
税込価格 7,776円
頁数・縦 432,24P 22cm

商品内容

要旨

陸軍内部の動きを知る古典的名著。桜会の結成から二.二六事件を経て日中戦争前夜に至る、粛軍と新政治体制成立までの足跡。最新の文献一覧を新たに収録して復刊。

目次

第1章 日本ファシズムと軍部
第2章 桜会
第3章 五.一五事件
第4章 皇道派時代
第5章 皇道派と統制派の抗争
第6章 二.二六事件史
第7章 二.二六後
第8章 日本ファシズムの経済倫理
第9章 評伝・石原莞爾
第10章 日本軍隊の創設と発展

出版社
商品紹介

桜会の結成から二・二六事件を経て、日中戦争前夜に至る、粛軍と新政治体制成立までの足跡。最新参考文献一覧を収録して復刊。

著者紹介

秦 郁彦 (ハタ イクヒコ)  
1932(昭和7)年、山口県生まれ。1956年、東京大学法学部卒業。ハーバード大学、コロンビア大学留学、大蔵省財政史室長、プリンストン大学客員教授、拓殖大学、千葉大学教授を経て、日本大学法学部教授を2002年に退職。法学博士。『昭和史の謎を追う』上下(文春文庫)で1993年度菊池寛賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)