• 本

白山信仰の謎と被差別部落

出版社名 河出書房新社
出版年月 2013年9月
ISBNコード 978-4-309-22601-9
4-309-22601-9
税込価格 2,160円
頁数・縦 209P 20cm

商品内容

要旨

ケガレから生まれ清まりへ。なぜ被差別部落に白山神社が多いのか?白山信仰がその一大中心地・北陸で、一向一揆に駆逐され、時宗との対立・融合をみながら、近世に入って蘇った姿を追う。民俗学永遠の謎に挑む、著者畢生のライフワークをまとめる述志の書。

目次

序章 白山信仰の謎と被差別
第1章 被差別部落が祀る白山神
第2章 悪所の白山信仰
第3章 神の子孫であることを主張する「河原巻物」
第4章 差別と暴力―菊池山哉の民俗世界にそって
第5章 白山信仰と柳田・折口
第6章 白山信仰と中世北陸の宗教風土
第7章 白山信仰と一向一揆
第8章 白山信仰と時宗系部落

出版社
商品紹介

白山神社はなぜ被差別部落に多いのか。北陸の地で時宗、一向宗にいかに駆逐されていったか、歴史的な推移からもその実体を追う。

著者紹介

前田 速夫 (マエダ ハヤオ)  
1944年、福井県生まれ。民俗研究者。東京大学文学部英米文学科卒業後、新潮社に入社、文芸編集者として雑誌『新潮』編集長などをつとめる。著書に『余多歩き 菊池山哉の人と学問』(晶文社、読売文学賞受賞)がある。「白山の会」会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)