• 本

1913 20世紀の夏の季節

出版社名 河出書房新社
出版年月 2014年12月
ISBNコード 978-4-309-22617-0
4-309-22617-5
税込価格 4,536円
頁数・縦 428,6P 20cm

商品内容

要旨

第一次大戦の前年のヨーロッパ―世界史の転換に人々は何をしていたのか。ひと月ごとに著名人たちの動静の膨大な断片をつなぎあわせながら、1913という一年を微細にしてダイナミックに描き出す、かつてなかった手法による空前のドキュメント。ドイツはじめ世界の読書人の絶大な支持を受けたベストセラー。

出版社
商品紹介

第一次大戦の前年のヨーロッパ−−人々は何をしていたのか。膨大な断片で1913という一年を描き出す空前のドキュメント。

著者紹介

イリエス,フローリアン (イリエス,フローリアン)   Illies,Florian
1971年生まれ。ボン大学およびオックスフォード大学にて美術史および近代史を専攻。1997年、ドイツの有力紙『フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング』の文芸欄執筆者となる。1999年から2001年にかけて同紙の文芸欄的な別冊冊子「ベルリナー・ザイテン」編集主幹となり、その後、新しく創刊された同紙の日曜版『フランクフルター・アルゲマイネ・ゾンタークスツァイトゥング』の文芸欄の編集主幹をつとめる。2004年、芸術・文学・ライフスタイルのための雑誌『モノポール』の共同創刊者・編集者となる
山口 裕之 (ヤマグチ ヒロユキ)  
1962年生れ。ドイツ文学者。東京外国語大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)