• 本

アメリカ死にかけ物語

出版社名 河出書房新社
出版年月 2018年10月
ISBNコード 978-4-309-22751-1
4-309-22751-1
税込価格 3,456円
頁数・縦 339P 20cm

商品内容

要旨

見過ごされた底辺の人々の声を鮮やかに描いた、アメリカ崩壊の記録。それでも俺らが生きてる理由。川上未映子氏特別エッセイ収録。

目次

シャイアンでキレる―ワイオミング州 2013年4月11日
長距離バスの地獄―ミズーリ州 2013年4月16日
ホームレスだらけのロサンゼルス―カリフォルニア州 2013年4月19日
オークランドの狂気―カリフォルニア州 2013年4月24日
サンノゼの輝き―カリフォルニア州 2013年5月11日
カムデンで夢中歩行―ニュージャージー州 2013年6月27日
シャットダウンしたチェスター―ペンシルベニア州 2013年8月1日
トレントンの神様―ニュージャージー州 2013年8月29日
ノリスタウンで危機一髪―ペンシルベニア州 2013年10月6日
マーカス・フックで軍隊に敬礼―ペンシルベニア州 2013年12月26日〔ほか〕

おすすめコメント

旅をしながら出会ったホームレス、ドラッグ中毒、アル中といった市井の人々の「忘れられた声」に深く温かく切りこみ、アメリカの破綻を鋭く描いたノンフィクション。川上未映子氏、岸政彦氏推薦。

著者紹介

ディン,リン (ディン,リン)   Dinh,Linh
1963年、ベトナム、サイゴン生まれ。詩人、小説家、翻訳家。ベトナム戦争末期の75年、アメリカに居住。各地を転々とした後、フィラデルフィアに定住する。事務員やペンキ職人など様々な職業に就く一方で、詩や小説の執筆、朗読活動に取り組む。2007年、詩集『Borderless Bodies』(未邦訳)でAsian American Literary Award受賞。2018年、計36年住んだアメリカを離れ、ベトナムに戻った
小澤 身和子 (オザワ ミワコ)  
東京大学大学院人文社会系研究科修士号取得、博士課程満期修了(英語英米文学)。ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン修士号取得(英文学)。海外のニュース記事を集めた雑誌『クーリエ・ジャポン』(講談社)の編集者を務めた後、日英バイリンガル誌の編集や、取材コーディネーター及び通訳として海外メディアの日本取材に携わる。『アメリカ死にかけ物語』が初の翻訳書となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)