• 本

北の白山信仰 もう一つの「海上の道」

出版社名 河出書房新社
出版年月 2018年11月
ISBNコード 978-4-309-22756-6
4-309-22756-2
税込価格 2,268円
頁数・縦 253P 20cm

商品内容

要旨

白山信仰のカギ、その古層に縄文が!東北の地の信仰がどのようにして白山信仰と入れ替わるのか。その古層は、アイヌや北方狩猟民族、ユーラシアのシャーマニズム・原白山信仰とどうつながっていくのか。―手掘り民俗学の探究。

目次

第1部 みちのく白山信仰の古層(奥州平泉と平泉寺白山神社
エミシとは誰か
坂上田村麻呂の鬼退治伝承と寺社創建伝承
平泉炎上
天台密教の進出と慈覚大師
東光寺の北向き観音と新義真言・曹洞宗への転宗
熊の修験の活躍と出羽三山
白山信仰の伝播経路と佐渡
奥羽の白山神社と「エミシの国の女神」
オシラサマの源流
椿の木と白比丘尼
円空のエゾ地巡礼
菅江真澄のみちのく遍歴
エミシの神とアイヌの神
伝承と記憶)
第2部 「海上の道」北方ルート篇(北の先史時代から近世まで
東北アジアの古代
ユーラシアの天空神
シベリアの少数民族
オホーツク人の南下
アイヌ民族の形成
北方の習俗と文化
日本列島のアイヌ語地名
縄文からの風)

おすすめコメント

被差別の民のこころのよりどころとなった白山信仰の謎、性格は東北地方のあり方でより顕著に見えてくる。そこに、北方狩猟民族のシャーマニズムがどう被さってくるかを探究する。

著者紹介

前田 速夫 (マエダ ハヤオ)  
1944年、疎開先の福井県勝山に生まれる。東京大学文学部英米文学科卒業。68年、新潮社入社。文芸雑誌『新潮』に配属される。78年、新潮文庫編集部へ異動。87年より白山信仰ほかの研究を目的に「白山の会」を結成、月一回勉強会をもつ。94年、『新潮』編集部に復帰し、翌年より2003年まで編集長を務める。03年、『異界歴程』(晶文社、後に河出書房新社)につづき、『余多歩き 菊池山哉の人と学問』(晶文社)を刊行し、読売文学賞(評論・伝記部門)を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)