• 本

言語と精神

出版社名 河出書房新社
出版年月 2011年7月
ISBNコード 978-4-309-24556-0
4-309-24556-0
税込価格 3,630円
頁数・縦 357P 20cm

商品内容

要旨

人間はなぜ“言語”を習得できるのか。言語学に革命をもたらした生成文法とその最重要概念“普遍文法”について、チョムスキーが一般向けに解説した名著、待望の新訳。

目次

第1章 精神の研究に対して言語はどんな貢献をするのか―これまでになされたこと
第2章 精神の問題に対する言語学の貢献―現在行なわれていること
第3章 精神の研究に対する言語学の貢献―未来になされるべきこと
第4章 自然言語の形式と意味
第5章 言語の形式的性質
第6章 言語学と哲学
第7章 生物言語学と人間の能力

出版社
商品紹介

人間はなぜ言語を習得できるのか。言語学に革命をもたらした概念〈普遍文法〉を、チョムスキーが一般向けに解説した名著、新訳で甦る。

著者紹介

チョムスキー,ノーム (チョムスキー,ノーム)   Chomsky,Noam
アメリカ合衆国マサチューセッツ工科大学の教授。ペンシルベニア大学を卒業し、同大学で博士号を取得
町田 健 (マチダ ケン)  
名古屋大学大学院文学研究科教授。専門は言語学。1957年福岡県生まれ。1979年東京大学文学部卒業。1986年東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得。東京大学助手、愛知教育大学、成城大学、北海道大学助教授を経て現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)