• 本

部下がアスペルガーと思ったとき上司が読む本 信じられない言動をする部下の心がわかる あなたは本当に病気なの?

出版社名 河出書房新社
出版年月 2017年4月
ISBNコード 978-4-309-24800-4
4-309-24800-4
税込価格 1,620円
頁数・縦 190P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

会社や社会で社員の不適応が始まっている!すべては他人のせいで困難な状況を避け、社会や組織のルールに反発し職場に適応しないけど、職場以外ではまったく問題が見られない―信じられない言動をする部下の心がわかる。

目次

序章 発達障害の部下を持つと起こること
第1章 アスペルガー症候群とは?
第2章 上司の理解が期待される時代
第3章 入社後すぐに気づく「部下の使えなさ」
第4章 不適応を予防するには移行期の学習が大事
第5章 ASDの部下は叱られることが大嫌い
第6章 女性の社員がアスペルガーだと思ったら
終章 子どもから大人へ、発達障害診断の未来

おすすめコメント

アスペルガー、自閉症スペクトラムの人々を働きやすい環境をどう整えるか? 臨床現場の体験をもとにした円滑な職場づくりの提案。

著者紹介

宮尾 益知 (ミヤオ マストモ)  
東京生まれ。徳島大学医学部卒業。東京大学医学部小児科、自治医科大学小児科学教室、ハーバード大学神経科、国立成育医療研究センターこころの診療部発達心理科などを経て、2014年にどんぐり発達クリニックを開院。専門は発達行動小児医学、小児精神神経学、神経生理学、発達障害の臨床経験が豊富
滝口 のぞみ (タキグチ ノゾミ)  
東京生まれ。帝京平成大学大学院准教授。青山学院大学卒、白百合女子大学大学院博士課程修了、博士(心理学)。臨床心理士、特別支援教育士。専門は夫婦関係および発達障害で、現在、主に発達障害の保護者および成人の発達障害とそのパートナーを対象としたカウンセリングを行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)