• 本

実録・レイシストをしばき隊

出版社名 河出書房新社
出版年月 2018年2月
ISBNコード 978-4-309-24847-9
4-309-24847-0
税込価格 1,980円
頁数・縦 347P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

対レイシスト行動集団、しばき隊のすべて。ヘイトといかに闘うか?ヘイトはどこからやってきたのか?

目次

第1部 新大久保の戦い(2013年2月9日
しばき隊とプラカ隊
どっちもどっちだって?
市街戦)
第2部 グローバル・ヴィレッジの百牲一揆(しばき隊の文化的背景
バッド・テイスト、価値相対主義、ネットワーク
マクルーハンとネット右翼
ネットから直接行動へ
正義をめぐる諸問題)

おすすめコメント

インターネット以降の世界で相対主義を超える「正義」とは? ヘイトスピーチ問題がクローズアップされるきっかけをつくった反差別集団「レイシストをしばき隊」、その実態が初めて語られる。

著者紹介

野間 易通 (ノマ ヤスミチ)  
1966年、兵庫県芦屋市生まれ。大阪外国語大学(現・大阪大学外国語学部)卒業後、『ミュージック・マガジン』『コンポジット』編集部を経てフリーの編集者となる。2013年1月、「レイシストをしばき隊」(現・C.R.A.C.)を結成。新大久保などで行われていた排外デモへのカウンター行動の一翼を担う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)