• 本

官房長官菅義偉の陰謀

新・佐高信の政経外科

出版社名 河出書房新社
出版年月 2019年1月
ISBNコード 978-4-309-24897-4
4-309-24897-7
税込価格 1,890円
頁数・縦 237P 20cm

商品内容

要旨

その人脈、沖縄基地問題、橋下徹、日産問題…危険なたくらみを抱く官房長官の、権力掌握と権力行使の実態をすべて暴く。

目次

第1章 菅義偉の危険な陰謀(菅こそ人間の仮面をかぶった狼
沖縄県知事、翁長雄志の菅批判 ほか)
第2章 政権内外の取り巻き15人(麻生太郎
渡邉恒雄 ほか)
第3章 新・政経外科(抒情との闘いから脱落した姜尚中
大平正芳の衣鉢継げぬ玉木雄一郎 ほか)
第4章 憲法を求める人びと(前川喜平
望月衣塑子 ほか)
第5章 筆刀直評日記(10歳の質問に苦慮する 2017年11月
いまこそ「上関原発音頭」を 2017年12月 ほか)

おすすめコメント

モリカケで窮地に陥りながらも延命する安倍政権をささえる影の主役・菅官房長官とは何者なのか。ますます政治の闇にふかく迫って、この国のありかたをとう佐高信の新たな挑戦。

著者紹介

佐高 信 (サタカ マコト)  
1945年、山形県酒田市生まれ。高校教師、経済誌の編集長を経て評論家となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)