• 本

数学記号の誕生

出版社名 河出書房新社
出版年月 2014年9月
ISBNコード 978-4-309-25303-9
4-309-25303-2
税込価格 2,750円
頁数・縦 321P 20cm

商品内容

要旨

+、−、×、÷、πなどの数学記号はなぜ、どのように生まれたのか、またその誕生によって数学者にどんなひらめきをもたらしたのか?人はなぜ数式を一瞬で理解できるのか?数学記号にまつわる数々の謎を通して「数学的思考」の正体を明かす!

目次

第1部 数字(奇妙な始まり
古代の数の体系
絹の道と王の道 ほか)
第2部 代数(記号なし
ディオファントスの『算術』
偉大なる技 ほか)
第3部 記号の力(頭の中でのランデブー
良い記号
見えないゴリラ ほか)

著者紹介

メイザー,ジョセフ (メイザー,ジョセフ)   Mazur,Joseph
1942年ブロンクスに生まれる。マルボロ・カレッジ数学科名誉教授。数学のみならず、その歴史や哲学についても講義している。2006年グッゲンハイム・フェロー
松浦 俊輔 (マツウラ シュンスケ)  
翻訳家。名古屋学芸大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)