• 本

雨の自然誌

出版社名 河出書房新社
出版年月 2016年9月
ISBNコード 978-4-309-25355-8
4-309-25355-5
税込価格 2,916円
頁数・縦 381P 20cm

商品内容

要旨

人間に命を与えてきた「雨」の科学と文化史のすべて。地球創生まもない40億年前に大洪水を起こした最初の豪雨から、天気予報や最近の豪雨災害まで。古代文明の雨乞いや雨具の進化史から、小説・音楽・映画まで、ありとあらゆる雨の驚嘆の話が満載。

目次

プロローグ 始まり
第1部 自然の雨
第2部 雨の見込み
第3部 アメリカの雨
第4部 雨を捉えて
第5部 気まぐれな雨
エピローグ 雨を待って

おすすめコメント

雨という身近な自然現象を、惑星・地球科学から、考古学や歴史・文化・文学まで、きわめて幅広く解き明かす画期的な名著。

著者紹介

バーネット,シンシア (バーネット,シンシア)   Barnett,Cynthia
アメリカの女性ジャーナリスト。南カリフォルニアで過ごした。ジャーナリズムを専攻したあと、環境史を中心にアメリカ史の修士号を取得。25年にわたって新聞・雑誌に記事を書きつづけている。著書に『Mirage:Florida and the Vanishing Water of the Eastern U.S.』『Blue Revolution:Unmaking America’s Water Crisis』の2冊があり、いずれも水を中心とした環境問題の書である
東郷 えりか (トウゴウ エリカ)  
上智大学外国語学部フランス語学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)